債務整理 ローン

借金問題解決ナビ@債務整理の無料相談はこちら!

借金問題で支払いに追われると借金が増えてしまいます。多重債務からの脱却は債務整理で整理してから立て直すことが重要です。弁護士や司法書士に自分に合った借金整理方法を相談しましょう。

債務整理した後いつからローンは組める?

読了までの目安時間:約 3分

債務整理の手続きをすると一定の期間の間、信用情報機関に登録をされてしまうことになります。

 

これによって各種のローンを利用する場合において審査に通過することができなくなってしまうので、利用することができなくなってしまいます。

 

しかし永遠とローンを組めなくなるわけではなく、一定の期間を経過することによって可能になりますが、それはいつからでしょうか?

 

住宅ローンや車のローンは信用情報から事故歴が消えてから

 

住宅や車など高価な物を購入する場合はローンを組んで購入することになりますが、その際に組む住宅ローンや車のローンは債務整理の手続きをしてからどのくらいで利用できるようになるのかというと、基本的には信用情報機関に登録されている情報が抹消されてからです。

 

債務整理の種類によって変わりますが、おおよそ5年から長くて10年間は事故歴が残りますが、自分の信用情報は各信用情報機関で開示請求すれば見られるので、調べてからローンの申請を行うことになります。(※詳しくは債務整理すると信用情報にキズがつく?で説明しています)

 

なぜならこれらのローンは融資の額が数百万円から数千万円単位になるので、どうしても利用者の信用が重視されるからです。

 

特に住宅ローンはかなり慎重な審査をすることになるので、不利な条件があると利用出来る可能性はかなり低くなります。

 

そのため信用情報機関に債務整理をしたことが登録されていると信用を得ることができないので利用するのであれば抹消されてからということになります。

 

しかし車のローンの場合は額によっては審査に通過できる可能性もあり、住宅ローンも融資額を低額にしたり、安定した勤務先で働いていることなどをアピールするなどすることによって利用できる場合があります。

 

クレジットカードは期間内でも利用できる場合があります

 

クレジットカードの場合は住宅ローンや車のローンのようにいきなり融資をするわけではないので、リスクという点では低いです。

 

そのため住宅ローンや車のローンと比べて審査に通過しやすく、信用情報機関に登録をされている期間でも利用できる場合があります。

 

具体的には、これまで長年利用してきた信用を得ている会社で申込をするという方法です。

 

クレジットカードを利用するための審査はしっかり返済をしたという実績をポジティブに評価してもらうことができ、これによって審査に通過できる可能性があります。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報