債務整理 信用情報

借金問題解決ナビ@債務整理の無料相談はこちら!

借金問題で支払いに追われると借金が増えてしまいます。多重債務からの脱却は債務整理で整理してから立て直すことが重要です。弁護士や司法書士に自分に合った借金整理方法を相談しましょう。

債務整理のデメリット・信用情報にキズがつく?

読了までの目安時間:約 4分

債務整理の手続きをすると信用情報機関にそのことが載ってしまうことになりますが、これによってどのような影響があるのでしょうか?

 

信用情報機関の種類

 

信用情報機関には以下の3つの種類があります

 

株式会社日本情報信用機構

 

銀行、消費者金融、信販会社などいろいろな金融機関が加盟している機関です。

 

全国銀行個人信用情報センター

 

各銀行が加盟している機関です。

 

株式会社シーアイシー

 

信販会社が加盟している機関です。

 

そして現在各金融機関は複数の機関に加盟していて、またそれぞれ情報を共有しているため、登録されてしまうとほとんどの金融機関にわかってしまう状況となっています。

 

信用情報機関にはどんな情報が載るの?

 

信用情報機関に載ってしまう情報はどのようなものがあるのかというと主に以下の事項です。

 

借入をした人の個人情報

 

借入をした人の住所、氏名、生年月日、電話番号、勤務先の会社など

 

借入に関する詳細記録情報

 

借入をした人の契約した日、借入をした額、支払い方法、返済をする回数、残債額、次の返済期日などです。

 

金融事故情報

 

いわゆるブラックリストです。

 

借入をした人が何か事故を起こした場合にその情報が載ることになります。債務整理の手続きは金融事故情報なので、ここに載ることになります。

 

そして事故情報はいつからいつまで載るのかというと債務整理の手続きをしてから大体5年から7年、長くて10年程度載ることになります。

 

信用情報機関に載るとどんなデメリットがあるの?

 

信用情報機関に自分の事故情報が載ってしまうデメリットとして、掲載されている期間であるおおよそ5~10年間は借り入れをすることができなくなってしまいます。※掲載される期間は金融事故の種類によって変わります。

 

そのためカードローンを利用してお金を借りることができないだけでなく、住宅や車を購入するためにローンを組むこともできなくなってしまいます。

 

また買い物をする際の代金の支払いによくクレジットカードを使いますが、これも利用することができなくなってしまうのでかなり不便になります。

 

また債務整理の手続き後というのは何かとお金に困る場合が多くなりますが、このような状況で借り入れをすることができないので、厳しい生活を強いられてしまうことも多いです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報