債務整理 官報 

借金問題解決ナビ@債務整理の無料相談はこちら!

借金問題で支払いに追われると借金が増えてしまいます。多重債務からの脱却は債務整理で整理してから立て直すことが重要です。弁護士や司法書士に自分に合った借金整理方法を相談しましょう。

債務整理したら官報にのる?

読了までの目安時間:約 3分

債務整理の手続きをすることによって官報に載ってしまうことがあります。

 

これによって自分のまわりの人に借金をしていたことがわかってしまう可能性があるので、どうしても不安を感じてしまいます。

 

そして債務整理をすると具体的にはどのような形で官報に載ってしまうのでしょうか?

 

 債務整理の各手続きについて

 

債務整理の手続きの方法は以下のようなものがありますが、その中でも官報に載ってしまう手続きと載らない手続きがあります。

 

 

任意整理は官報に載らない

 

任意整理の手続きは裁判所を利用しないで債権者と債務者が直接話し合って借金の返済について合意をすることになるので、官報に載ることはありません。

 

そのためまわりの人に借金をしていることを知られたくない場合はこの方法を選択することになります。

 

個人再生は官報に載ります

 

個人再生の手続きは裁判所に申立をして、借金の額を大幅に減額してもらい、残りを3年間で分割して返済していく方法ですが、この手続きをすると官報に何回か載ってしまいます。

 

具体的には手続きの中で再生手続きの開始決定が出た場合、書面による決議に付する決定が出た場合、再生計画が認可される決定が出た時に各1回ずつ掲載されることになります。

 

自己破産は官報に載ります

 

自己破産とは裁判所に申立をして借金を免除してもらう方法ですが、この方法を利用する場合にも官報に載ってしまいます。

 

手続き中のどの時点で載ってしまうのかというと自己破産の申立をした人が支払不能に陥っていると判断されて破産手続き開始決定が出た場合、手続きが終わり、免責不許可事由にも該当しないので、免責の許可の決定が出た場合の各1回ずつ掲載されることになります。

 

官報に載るとどんなデメリットがある?

 

債務整理の手続きをして官報に載ってしまうとデメリットがあるかどうかということですが、まわりの人に知られてしまう可能性があるというくらいで特にありません。

 

また官報を見る人はほとんどいないので、知られてしまう可能性はあるとは言え、実際はほとんど知られる可能性はありません。

 

そのため官報に掲載されてしまう個人再生や自己破産の方法で債務整理をする場合でもあまり不安を感じる必要はありません。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報