債務整理 減額

借金問題解決ナビ@債務整理の無料相談はこちら!

借金問題で支払いに追われると借金が増えてしまいます。多重債務からの脱却は債務整理で整理してから立て直すことが重要です。弁護士や司法書士に自分に合った借金整理方法を相談しましょう。

債務整理するとどれ位減額されるの?

読了までの目安時間:約 3分

債務整理の手続きをすると借金を減らすことができるので、これまで返済が厳しかった人が返済することができるようになります。

 

そこで債務整理の手続きをするとどのくらい借金が減るのでしょうか?また利用できない条件としてどのようなことがあげられるのでしょうか?

 

 債務整理の種類によって減額できる額に違いがあります

 

債務整理にはいくつかの手続きがありますが、利用する方法によって減る額も違ってきます。

 

任意整理

 

任意整理の方法を利用する場合は債権者と交渉して返済する額を決めるのですが、基本的に利息、損害金はカットすることができます。

 

また交渉次第では元本の一部のカットにも応じてくれる場合があるので、無利息で借金を返済する場合よりも楽になることも少なくありません。

 

しかしこの方法を利用するためには原則3年以内に分割することができない場合でなければ利用することができません。

 

 個人再生

 

個人再生の方法を利用する場合は裁判所に申立をすることによって、100万円以上でかつ自分が負っている借金の5分の1まで減額することが可能です。

 

そのため基本的に元本の半分以上はカットすることができるということになります。

 

そして個人再生の方法を利用するためには一定の条件があり、継続的に収入を得ているということと無担保の借金が5000万円以下であるということです。

 

また債権者の一定の数の同意を得ることができない場合や手続きをするにおいて不備があって補正をすることができない場合は不認可になってしまいます。

 

自己破産

 

自己破産の方法を利用すると自分の所有している財産を提供する代わりにすべての借金を免除してもらうことができます。そのため上記の二つの手続きとは違い、借金は完全になくなります。

 

しかしどのような人でも利用することができるというわけではなく、ギャンブルや浪費で借金をしてしまった人は利用することができません。

 

なぜならこれらの理由で借金をした場合は免責不許可事由に当たるので、自己破産の申立をして手続きをしても免責を受けることができないからです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報